53780円,SIL3],USF4BA14V2,セーフティライトカーテン,パナソニック,SF4B,Ver.2,PLe,SF4B-A14,m-yeg.com,/benempt1773450.html,[Type4,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , センサ パナソニック セーフティライトカーテン Type4 PLe SIL3 USF4BA14V2 SF4B Ver.2 毎日がバーゲンセール SF4B-A14 53780円,SIL3],USF4BA14V2,セーフティライトカーテン,パナソニック,SF4B,Ver.2,PLe,SF4B-A14,m-yeg.com,/benempt1773450.html,[Type4,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , センサ 53780円 パナソニック セーフティライトカーテン [Type4 PLe SIL3] SF4B Ver.2 SF4B-A14 USF4BA14V2 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 センサ パナソニック セーフティライトカーテン Type4 PLe SIL3 USF4BA14V2 SF4B Ver.2 毎日がバーゲンセール SF4B-A14 53780円 パナソニック セーフティライトカーテン [Type4 PLe SIL3] SF4B Ver.2 SF4B-A14 USF4BA14V2 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 センサ

パナソニック セーフティライトカーテン Type4 PLe SIL3 ブランド激安セール会場 USF4BA14V2 SF4B Ver.2 毎日がバーゲンセール SF4B-A14<V2>

パナソニック セーフティライトカーテン [Type4 PLe SIL3] SF4B Ver.2 SF4B-A14 USF4BA14V2

53780円

パナソニック セーフティライトカーテン [Type4 PLe SIL3] SF4B Ver.2 SF4B-A14 USF4BA14V2

商品の説明

商品紹介

・特長

セーフティライトカーテンは使用現場に合わせ、標準/堅牢の各々3タイプから選択可能
検出幅230~1,910mm(Fingerタイプは1,270mmまで)の豊富なバリエーションを用意。6タイプを混在しての直列接続も可能です。
[Fingerタイプ/SF4B-F(G)]
最小検出物体φ14mm(光軸10mmピッチ)
[Handタイプ/SF4B-H(G)]
最小検出物体φ25mm(光軸20mmピッチ)
[Arm/Footタイプ/SF4B-A(G)]
最小検出物体φ45mm(光軸40mmピッチ)
※「中国国内のプレス機械の安全装置」またはSF4B--01(V2)を「日本国内プレス機械、シャー(紙断裁機)の安全装置」としてご使用になる場合は、防護高さが異なります。

プレス機械、シャー(紙断裁機)の安全をグローバルにサポート
日本、欧州、北米、韓国、中国のプレス機械からその他設備まで、幅広く使用できます。
CE:機械指令、EMC指令
UL:リスティング認定
GB:4584適合
韓国安全認証「Sマーク」:SF4B-(V2)のみ
プレス機械、シャー(紙断裁機)対応:SF4B--01(V2)のみ

応答時間を全機種14msに統一
光軸数や光軸ピッチおよび直列接続台数に関係なく、高速応答14msを実現しました。
安全距離の計算工数を軽減します。

耐環境性能向上でさらに使いやすく、保護構造IP67を実現
構造上の継ぎ目を極力減らしたシームレス構造を開発。内部ユニットを筒状のインナーケースが保護しています。
オイルミストや粉じんなどの侵入口となる、ユニットやレンズ面などのシーム(継ぎ目)を極力取り除き、耐環境性能を向上させました。
SF4Bシリーズは、IEC/JIS規格におけるIP65、IP67の試験をクリアしています。(バージョン2のみ)

エラー内容がひと目でわかるデジタルエラー表示灯を装備
セーフティライトカーテンのケーブル誤配線、断線、短絡および、内部回路異常や異常入光を常時チェック。装置立ち上げ時の電気系トラブルなどのエラー内容を、デジタル表示でお知らせします。
従来のようにLEDの点滅回数を数える手間がありません。

ミューティング制御機能搭載で安全性と生産性を両立(SF4B--03(V2)を除く)
人体の通過時のみラインを停止させワークの通過時はラインを止めないミューティング制御機能を、セーフティライトカーテン本体に搭載しました。ミューティングセンサとミューティングランプをセーフティライトカーテンに直接接続することが可能で、ミューティング専用コントローラを必要としません。ローコストで安全性と生産性を両立します。

ミューティング制御中のライン停止後もスムーズかつ安全に再始動。オーバーライド機能搭載(SF4B--03(V2)を除く)
ワークによりセーフティライトカーテンが遮光された状態で電源が落ちた場合や、ミューティング条件が成立する前(ミューティングセンサを1つしか遮光できていない状態)にラインが停止した場合でも、遮光しているワークを取り除く手間なくスムーズかつ安全に再始動ができます。

専用セーフティリレーユニット不要で安全回路を構築
セーフティライトカーテン本体に外部デバイスのモニタ機能(リレー溶着監視など)およびインタロック機能などセーフティリレーユニットの機能を内蔵しました。セーフティリレーユニットを使用せず安全回路を構築し、さらに制御盤も小型化できるため、コストダウンに貢献します。

入光位置がひと目でわかる光軸合わせ表示灯
光軸合わせ表示灯はセーフティライトカーテンの光軸を4等分して表示します。光軸合わせの基準となる最下端(または最上端)の光軸が合うとLEDが赤色点滅します。その後、光軸が合ったブロックが順次赤色点灯し、全光軸が入光すると全LEDが緑色点灯します。安定入光表示灯(STB)も加わり、より安定した設置が可能になりました。

PNP/NPNの両極性対応
SF4Bシリーズは1品番でPNPトランジスタ出力とNPNトランジスタ出力に対応。PNPの海外設備、NPNセンサの置き換え、プラス接地の工場、設備の海外移管など、全世界の制御回路に1品番で対応します。
極性は配線で切り換え:出力極性設定線(シールド)を0Vに接続するとPNP出力へ、24Vに接続するとNPN出力へ切り換わります。

光軸調整器で施工
レーザスポット光で光軸調整を行います。
乾電池駆動ですから設備の電源投入前に光軸調整を済ませることが可能です。

投光器、受光器の判別がしやすい
投光器は灰色、受光器は黒色と識別が容易です。施工時からメンテナンス時まで、誤配線や誤認識によるトラブルを軽減します。また、セーフティライトカーテン前面より、型式名を確認することができます。

干渉防止線なしで相互干渉を低減
相互干渉に強いELCA(Extraneous Light Check amp; Avoid)機能を搭載。セーフティライトカーテンのスキャンタイミングを自動的にシフトし干渉を避けるため、装置間における干渉防止線の配線が不要です。

外乱光による誤動作を低減
セーフティライトカーテンSF4Bシリーズは、ダブルスキャン方式、リトライ処理など独自の機能により、周辺機器からの瞬間的な外乱光の影響を回避。外乱光による誤動作の低減により機械の頻発停止を減少させます。

施工性が大幅に向上(SF4B-G(V2)を除く)
光軸調整用六角穴付ボルトは作業性の良い前面取り付けです。また、光軸の調整部をM5のボルトでダイ レクトにしっかり固定する光軸ズレが起きにくい構造です。

光軸別ミューティング制御機能
ハンディコントローラSFB-HC※(別売)を使用することで、特定光軸にミューティング制御を行なうことが可能です。光軸を指定できるため、侵入防止用のガードを設置する必要がなくなります。
例えば、ワークの高さに合わせ、最下端から10光軸目までミューティング制御を機能させた場合、11光軸目以上の光軸が遮断されると、人体と判断し機械を停止させます。
※ハンディコントローラの機能を使用できないようにする場合は、SF4B--01(V2)、SF4B--03(V2)およびSF-C14EX-01をご使用ください。
有効光軸を選べるフィックスブランキング機能装備
特定光軸が遮光されていても制御出力(OSSD)がOFFしないフィックスブランキング機能を装備。障害物が特定光軸を常時遮っているアプリケーションなどに便利です。
また、障害物が検出エリアから外れた場合、制御出力(OSSD)は強制的にOFFされますので安全です。

不特定の光軸を無効化、フローティングブランキング機能装備
不特定の1、2、または3光軸を無効化できます。遮光された光軸数が設定光軸数以下のときは、制御出力(OSSD)はOFFしません。
段取り替えの際に、障害物が検出領域内で移動するような場合やセーフティライトカーテンの検出領域内に材料を投入する場合に便利です。
(注1):フローティングブランキング機能を使用すると、最小検出物体が変わります。

補助出力の出力パターンを選択可能
補助出力の出力パターンを変更できます。
(注1):フィックスブランキング機能、フローティングブランキング機能、ミューティング機能使用時は、使用できません。
(注2):フィックスブランキング機能、フローティングブランキング機能、ミューティング機能に関係なく、検出領域の入光/遮光状態を出力します。

その他多彩な機能を装備
[投光量制御機能]
投光量を減らす機能です。ノーマルモード/ショートモードの2段階に設定変更が可能です。出荷時の設定は、ノーマルモードです。
[設定内容モニタ機能]
セーフティライトカーテンの各種設定内容を確認することができる機能です。
[プロテクト機能]
パスワードを入力しないとセーフティライトカーテンの設定変更を許可しない機能です。出荷時の設定は、プロテクト機能が無効です。
[設定コピー機能]
設定内容を他のセーフティライトカーテンにコピーできます。同じ設定を複数行なう場合に、設定時間を短縮できます。
[ミューティングランプ診断の設定]
ミューティングランプ診断を無効にするとランプが切れた場合でもミューティング機能を継続します。

ご注意(免責)>必ずお読みください

インタロック機能を使用する場合、危険領域に作業者がいないことを必ず確認してください。・リセットボタンは、常に危険領域全体が把握でき、かつ危険領域外で操作できる場所に設置してください。・自動リセットで使用する場合、安全出力遮断後のシステムの自動復帰をセーフティリレーユニットなどで防止してください。(EN60204-1より)・投光停止機能は、SF4B(V2)シリーズを設置している機械を停止させる目的で使用しないでください。・補助出力は、SF4B(V2)シリーズを設置している機械を停止させる目的で使用しないでください。・直列接続する場合は、投光器と投光器および受光器と受光器を専用の直列接続用ケーブル(SFB-CSL/SFPB-CSLで接続してください。・並列接続する場合は、片方の受光器ともう片方の投光器の干渉防止線を接続してください。・使用する地域の該当規格を参照し、設置してください。また、接地障害等による危険な誤動作を発生させないよう考慮してください。・機械の始動装置として使用する「PSDIモード」で使用するには、本装置と機械の間に適切な制御回路を構成する必要があります。・日本国内でSF4B-(V2)、SF4B--03(V2)をプレス安全用として使用しないでください。日本国内で使用するプレス機械、シャー(紙断裁機)にはSF4B--01(V2)をご使用ください。・海外に設置する場合は、OSHA1910.212およびOSHA1910.217(米国)、ENISO13855(EU)などが適用されます。設置条件については、各国の法律および規格などをご確認ください。・機械の危険部へ到達するには、必ず検出領域を通過する構造にしてください。また、機械の危険部で作業をする場合は、人体の一部もしくは全部が、検出領域内に残る構造にしてください。・反射型、回帰反射型の配置では、使用しないでください。・1つの投光器(受光器)に対向して複数の受光器(投光器)を接続することはできません。・安全距離を正確に計算し、機械の危険部と検出領域との間に、必ず安全距離以上の間隔をあけて設置してください。(計算式については、最新の規格にてご確認ください。)・実際にシステムを設計する前に、使用する地域の該当規格を参照し、設置してください。・最小検出物体の大きさは、フローティングブランキング機能を使用するか否かで変わります。正しい最小検出物体の大きさと正しい計算式で、安全距離を計算してください。・OFF信号で、機械が誤動作するおそれがありますので、本装置に接続する機械の入力応答時間に留意して、接続してください。・設置する場合、光沢面からの影響を考慮して設置するか、光沢面の塗装、マスキング、光沢面の目を粗くする、光沢面の材質の変更などの方法により、光沢面への対策を行なってください。・SF4B--01(V2)を日本国内プレス機械、シャー(紙断裁機)安全装置として使用する場合は、厚生労働省公示の「動力プレス機械構造規格」、「プレス機械又はシャー(紙断裁機)の安全装置構造規格」および「プレス機械の安全装置管理指針について」に従ってください。また、必ず保護チューブ付ケーブル(SFPB-)を使用してください。・上記の事項が守られない場合、死亡または重傷を負うおそれがあります。

パナソニック セーフティライトカーテン [Type4 PLe SIL3] SF4B Ver.2 SF4B-A14 USF4BA14V2

病院からのお知らせ( News & Topics )

皮膚科の新患受診について

令和4年1月より、新患の受付を木曜日と金曜日に限り、紹介状をお持ちの方のみとさせていただきます。 紹介状をお持ちで無い方は、月曜日~水曜日に受付となります。 ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力をお願いします。